キイジョウロホトトギス

身土不二・医食同源

「身土不二」とは、生きものは自分が住む土地の食べ物が一番体に合う、ということ。

「医食同源」は、日々食べるものが薬である、という考え方です。

逆に言えば、遠くから輸入された食べ物や、化学物質や白砂糖などにまみれた加工品、

化学肥料や農薬づけの野菜など、現代の食生活が様々な病や不調を作っているとも言えます。

日本食はスーパーフードだらけ

並外れた栄養を持ち健康に良いとされるスーパーフードがトレンドですが、実は日本食はスーパーフードだらけ。

みそ、甘酒、納豆、梅干しなど、昔からのやり方できちんと作られた発酵食品たちです。

わざわざ外国から取り寄せなくても、優れた働きで私たちの体をサポートしてくれる食べ物は足元にあるのです。

月水荘では「身土不二・医食同源」をコンセプトに、

地元野菜や地魚、オーガニックな原料から作る自家製発酵食品を中心に、本質的に体に良いごはんを提供しています。